愛あるセレクトをしたいママのみかた

【台北】一口食べたらハマる!素材にこだわった究極の豆花店〈白水豆花 台北永康〉へ。

 

秋でも暑さが続く台湾。そんな時には豆花がぴったり。台北で豆花を食べるなら、永康街へ向かってみよう。山の雪解け水を使った昔ながらの製法に出会えます。本誌連載『秘密の台湾』よりお届け。
麦芽糖、とうきょう豆花70元。桃の木の樹皮(とうきょう)を加えたシロップは植物性コラーゲンが豊富。〈鼎泰豊〉の本店があることで知られる永康街。小さな飲食店が立ち並ぶ通りはいつも散策する人でにぎわう。中でも注目は、緑に囲まれた店先の豆花屋さん。〈白水豆花〉の店名は、宜蘭の雪山から解け出した水と、台湾の海洋深層水を使った豆花にちなんだもの。白は雪山からの湧き水を表したものだそうだ。桶が並ぶ屋台の奥に客席が用意されていて、歩き疲れた旅行者が涼をとるにも最適だ。
器は簡単な紙やプラスティックが多い中、黒い陶器で一杯ずつサービスしてくれる丁寧さ。緑豆や白いんげんといった数多くのトッピングを指定して、注文することが多い豆花。初心者にはちょっと複雑に思えてしまう注文方法も、ここではメニューは「麦芽糖とピーナツ粉」「麦芽糖ととうきょう」の2種だけ。その味に全てを注いでいるという印象だ。黒い器に豆花、シロップ、ピーナツ粉と味を重ねた一皿が運ばれてきた。
次ページ :  まずは、豆花そのものの味を一口、そして、豆花にシロップをつ…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2022年1月24日今日の献立

クラムチャウダーにニンニク風味のブルスケッタを添えて。ワインと一緒にどうぞ。

最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ