愛あるセレクトをしたいママのみかた

杉本博司と榊田倫之の新素材研究所が改修し、究極の栗スイーツが楽しめる丹波篠山の新名所

 

古い商家が並ぶ兵庫県・丹波篠山。丹波黒大豆や丹波栗などをはじめ、上質な食材に恵まれた「食の聖地」としられる場所だ。日本料理で欠かせない黒豆で有名なのが1734年から続く<小田垣商店>。同店には江戸後期から大正時代にかけて建てられた建物があり、そのうち5棟が杉本博司と榊田倫之が主宰する新素材研究所が改修を手がけてこのほど完成した。併設されるカフェは丹波産の極上の栗を使っているとあって注目だ。

建築で歴史を今につなぐ。

カフェの名前「小田垣豆堂」は杉本博司が命名。
ショップで販売されているバック。豆を入れる袋をアレンジ。小田垣商店の創業は1734年、最初は鋳物商としてスタートした。その後、種物商、黒豆や小豆問屋として商いを広げた。日本のお正月には欠かせない黒豆は特に有名だ。「丹波黒」とよばれるしっこくで大粒の黒豆は、煮ても皮が破れずふっくらとするのが特徴で、やわらかい口当たりで特上の食材として知られている。そんな歴史ある同店の敷地内には、江戸後期から大正初期にたてられた10棟の建物があり、国の有形文化財に登録されている。杉本博司と榊田倫之の「新素材研究所」がそのうちの5棟の改修を担当、4月にリニューアルオープンとなった。
次ページ :  建物は長い年月の間に改修がほどこされたこともあったが、その…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2021年10月17日今日の献立

サバのみそ煮は豆板醤を加えてピリ辛に。湯豆腐は煮たたせないのがポイント!

最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ