愛あるセレクトをしたいママのみかた

〈パタゴニア〉の食料品「パタゴニア プロビジョンズ」を食べて、地球を回復させよう

 

〈パタゴニア〉製品は頑丈で長持ちしますし、お客様には新しいジャケットですと5年か10年に一度しか買わない人も多く、もしくはリペアして長く使う方もいます。私自身、20年前の洋服を現役で着ていますが、そういう人でも1日3回は食事をします。毎日の食事や行動で、みんなが選ぶものやその食物や繊維の作られ方が変わっていくことにより、地球を回復させるための解決策に近づくのではないかと」。

ーーなるほど。実際、店舗の入り口に書かれている“買うことは減らし、求めることは増やす。”の求めることにプラスの意味があるなと思いました。単純に服を減らすと自ら謳うなんて大胆だなぁと感じていたのですが…。

「みなさまが買うものが業界をつくり、求めることを増やすことで、衣料品業界の慣行を変えることができます。求めるほどプラスになっていきます」。

ーーどんなことでしょうか。(ワクワク)

「例えば、いまの気候危機とか気候変動の問題は温室効果ガスのバランス、すなわち炭素のバランスが崩れていることによって様々な現象が起きている。元々、地球が持っている炭素量というのは変わっていなくて、土の中、地球の中にはすごく多くの炭素量が固定されています。それが工業的な技術や有害な化学薬品を用いて食物や繊維を栽培し、耕起する(掘り起こす)ことにより空気中に放出され、温室効果ガスとして空気中に増えたんです。私たちは炭素の排出を削減しなくてはいけません。また、地球を回復させていくためにより多くの炭素を地中に戻していくことが重要です」。

ーー炭素を地球に戻す…すごいですね。

「土壌っていう資源が、世界でいまとても注目されていて。土っていうのは大気の空気の2倍、植生(林とか)の3倍も貯蔵能力があるんですよ。私たちは、炭素を土に戻していく環境再生型有機(リジェネラティブ・オーガニック)農法の拡大支援という策をたてました」。


Amy Kumler ©︎2021Patagonia, Inc.


ーー気候変動に実感が湧きづらく(炭素といえば木のイメージでした)、どんなアクションをすれば良いかもわからずに生活していましたが、もうそこまで進んでいるんですね。
次ページ :  「人の食べ物の95パーセントは間接的もしくは直接的に土…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2022年5月22日今日の献立

ボリューム満点の炒め物に、シンプルなスープと漬物をプラスしました。

最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ