愛あるセレクトをしたいママのみかた

NYでファッションを学んだ2人が立ち上げた、生産過程で余ってしまった残糸・残布のアップサイクルプロジェクト〈RYE TENDER〉

 

そこからまた色々と仕事の話をするようになりました。

澤木さん:前職ではアパレルブランドやセレクトショップなどの企業に対して商品を売っていたのですが、「自分で作ったものを自分で売りたい」って気持ちが常にあったんです。OEMに携わる中で素材がたくさん余ってしまっている業界の裏側をずっと見てきたので、そこをどうにか変えていきたいなと。「残糸」と聞くと粗悪な素材をイメージするかもしれませんが、実はとてもきれいに管理された状態で放置されていたりするんですよ。でも、それらの糸は安く売られるか、最終的には廃棄されるしか道がなくて。これを活用してものを作ったら、廃棄量も減らせるし、コストを抑えて手頃な価格でお客さんに届けることができるし、たくさんメリットがあるなと思ったんです。そこに小池くんが協力してくれたら、より面白いものができるだろうなと。

ーー日本では、ここ数年でますます「サステナブル」という言葉が注目されていますが、アメリカのファッション業界ではどうでしたか?
小池さん:僕らがニューヨークにいたのは5〜6年前ですが、SDGsに繋がるような取り組みはアメリカの方がより活発だったように感じます。

澤木さん:ファッションだけでなく食などに関しても、サステナブルな選択肢が常に生活の中にあったんですよね。だから、残糸に着目するのはとても自然な流れでした。

ーー残布・残糸の問題は、どこの国でも同様なのでしょうか。

澤木さん:それはどこへ行ってもいっぱいあると思います。

小池さん:僕らはファッションの世界しかわからないですけど、他の業界でも似た課題はあるんでしょうね。フードロスとかも問題視されていますし。



ーー残ってしまった素材を使うブランドにしようというのは、二人の中でわりと最初の段階から共通して考えていたんですか?

澤木さん:実は、初めはそれほど明確に考えていなかったんです。
次ページ :  余っているものを活用したいという気持ちはあったのですが、そ…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ