愛あるセレクトをしたいママのみかた

SDGsについて楽しく学ぶ!「LUMINE CLASS ROOM」と「ハナコカレッジ」が特別コラボ講座を実施

 


「子供のアトピー性皮膚炎に悩んでいたことがきっかけで、遺伝子組み換えの食物や当時仕事でつくっていたスイーツに疑問をもつようになって。そのままの環境では実現できないと思い、自分の会社をつくりました」(小代さん)。
消費者にとって、いきなりオーガニック食材のみの生活はむずかしい。初心者でも日常的に取り入れられるコツは、加工食品をやめること。
「無理に制限をしてしまうと、普段の生活にストレスがかかってしまいます。出汁をとってみたり、ファーマーズマーケットや道の駅で新鮮なオーガニック野菜を買ってみたり。できなかったら“まあいいや、明日やろう”くらいの精神でいるのが長続きする秘訣だと思います。コロナ禍で家にいる時間が増えたいまこそ、ぜひ料理をつくってほしい。自分のためにつくるごはんは1番の幸福につながりますし、飲食店が通常営業できないいま、大量に余ってしまった食材も消費できます」(小代さん)。
最後に、小代さんにとって“いい暮らし”とは?
「自然がつくったものを愛おしむこと。ビニール製のパッケージを使うことはあっても、どうしたら使わなくていいか考えることが大切だと思います」(小代さん)。

小代智紀さん
パティシエ。レストラン プロヴァンス修行後、渡仏し料理研修をする。帰国後、葉山〈ラ・マーレ・ド・チャヤ〉にて熊谷喜八に師事し、シェフ・ド・パティシエに抜擢。1988年に再渡仏し、レストラン〈パテスリーアクス〉にてシェフ・ド・パティシエに。その後、故郷である九州の〈シーホーク ホテル&リゾート〉にてシェフ・ド・パティシエに就任。2003年には〈ARDEUR〉を開店する。退任後の2012年6月、自身のデザートブランド〈shodai bio nature〉を開店するなど、現在6店舗を展開。

【3限目】カルチャー(講師:志村昌美さん)



志村昌美さん

数多くの映画に関する記事を執筆しているライター・志村昌美さんは、初心者でもすんなり入りやすくて楽しめる、SDGsに関する作品を2つのテーマにそって紹介してくれました。
次ページ :  「1つ目のテーマ『女性のエンパワーメント関連作品』では、…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2021年12月1日今日の献立

厚揚げをメインにした食べ応え十分な中華の献立です。

最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ