愛あるセレクトをしたいママのみかた

弘中綾香の「純度100%」~第40回~

 

そんな人たちを含めた大きな視点でこの状況について語るまでの力は、まだ私にはない。挑戦してみても、きっと当たり障りのない言葉に逃げてしまうに違いない。私たちに出来ることを今やろう、とか、未来は変えられる、などの分かりやすくて大切なフレーズ。今の私の肩書きであれば、そう着地するのが正解だ。
けれども、これはほぼ「趣味」でやっている書き物/読み物なので、誰にでも言えることは言いたくない。だって純度100%だもん。個人的な2020年の振り返りにであることを先にお断りしておきます。お許しください。

こんなことになる前、私にとって2020年は節目になる年のはずだった。というか、きっと自分の中で仕事においてここで大きな一区切りをつけるタイミングになると、前々から想定して私なりに動いてきた。全く想像していなかった職業にたまたま就くことが出来て、しかも20代最後という脂の乗った時期に、自分の国でオリンピック・パラリンピックが開催されるなんて!前世でどんな徳を積んだ人間なんだ、とあまりの偶然と強運に興奮したことを覚えている。
メインキャスターになりたいなんておこがましいことを考えていたわけではなくて、そんな一大イベントに何かしらで関われたら、このギョーカイにいる意味、この仕事をやっている醍醐味みたいなのを味わえるんじゃないか、色んなもろもろの苦労が報われるんじゃないか、この仕事をやっててよかったって思えるんじゃないか、と一縷(いちる)の願いを込めていたのだ。「2020年までは頑張ろう」が、自分の中での合言葉みたいな感じだった。

その支えが、今や宙ぶらりんだ。今まで鼻先にぶら下げていたニンジンが急に無くなってしまった。こうなってしまった以上、果たしてどこまで頑張ればいいのか、何を私のゴールとするのか。舞台はもう何も用意されていない。自分で考えろ~と何処からか声がして、宇宙にぽーんと投げ出されたような感覚。緊急事態宣言が出た4月から5月にかけては仕事もほぼ休みだった。自宅で過ごす時間が多く、だらだらと日々を過ごしながら、こんなことばかりを考えていた気がする。
これまでは必死に「一人前になりたい」「認められたい」という気持ちで走ってきたけれど、このままでいいのだろうか。自分がかつてなりたかった自分にはなれているんだろうか、モヤモヤする日々。でも時間の経過とともにだんだんと日常に戻り、また忙しさにかまけている。

率直に言って、答えは出ていない。むず痒い気持ちは今もまだ続いている。どんな仕事も二つ返事で全部こなすのが良さだった私が、これは本当にやるべきこと?と立ち止まることも多くなった。けれども、こんなタイミングがあってよかったと思う日が来ると信じている。予期せぬタイミングで戸惑いもあったけれど、自分の生き方やこれからを深く考える機会になった。こんな人は私だけではないはず。一斉に止まれ!の号令をかけられて、いつもは目が向かないところに考えを回すことが出来た。
この問いの答えが出るのはいつなのかしら。当分この状況は変わらなそうだし、それぞれじっくり向き合っていきましょ。

次回:12月25日更新予定


photo:moron_non

photo:moron_non
photo:moron_non

【弘中のひとりごと】
次回の更新では…たまげる発表がありますよ…
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2021年2月25日今日の献立

週末は巻き寿司を囲んで♪ サラダはサツマイモの甘味が広がります!

最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ