愛あるセレクトをしたいママのみかた

弘中綾香の「純度100%」~第29回~

 

死が二人を分かつとも、なお思い合っているなんて…。私もそういう人見つけたいな~」なんて思いました、ちゃんちゃん!と、なると思ったら、大間違い。私がそんなタイプだと思っているひとは、まだまだ私のことを分かっていないな、と思う。ぜひこの連載を第1回から見直してほしい。
もちろん、そんな風に思えるのはとっても素敵なこと!なんだけど、いつしか心が曇ってしまった私の感想は「まじかよ、妃。自分がいなくなった後でさえも、王を縛り付けるのか…」でした。現世とあの世を超えた、王妃から王に対する束縛に引きました。
ここからは、愛を知らない可哀そうな人だと思って読んでください。実際、結婚したことないし、正直、妃のリクエストはまったく理解できない。私がこの世からいなくなっても、ずっと思い続けてっていうのは、さすがにエゴではありませんか?だって、残された人はそれからの人生もあるわけだし、いつまでも縛っておくわけにはいかないでしょ…と思ってしまう…。でも本当に愛していたら、そうなるのかしら。とはいえ、国が傾くくらいのお金と何十年という月日をかけて造らせるってそれってどうよ。う~ん。答えは出ないし、正解もないですね。

そんな斜に構えた心持ちで見ても、タージ・マハルはものすごく綺麗だったから、本当に正真正銘のホンマもんだと思います。でーんと真正面にタージ・マハルが見えたときの気迫というか、発せられるオーラというのが自信に満ちているように感じられたのは、きっとこんな逸話を聞いたからかもしれませんね。悶々と悠久のかなたに思いを馳せながら、タージ・マハルを見て回り、その後アグラ城というお城にも行くことになった。このアグラ城にも、先ほどのストーリーがついて回る。
王があまりにもタージ・マハル造りに入れ込んでしまったため、国が存続の危機に陥ってしまった。そんなタイミングで次の実権を握ったのが息子。息子は父をタージ・マハルが窓から見えるアグラ城の一室に幽閉し、何年も父はそこから出られることなく、ただただ自分の造ったタージ・マハルを見るだけの晩年だったという。あまりにもロマンチックすぎる人生だ。そんな王が使っていた部屋と眺めていた窓が辛うじて残っていて、アグラ城に行ったら王と同じようにタージ・マハルを見ることが出来る。正面というよりは、裏から斜めに見る感じなのですが、絶妙な距離でなんだかさすがの私でも少し切なくなりました。
そんなストーリー込みで、インドに行ったら必ず行ってほしい場所。皆さんにはこのロマンチックでちょっぴり切ない建物がどう見えるだろうか。

次回:7月10日更新予定


photo:moron_non

【弘中のひとりごと】
もちろん虹プロ見てます。
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2020年10月30日今日の献立

簡単だけどちょっぴりオシャレな食卓に。週末の楽チン献立です。

最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ