愛あるセレクトをしたいママのみかた

『伊藤家の晩酌』~第十二夜3本目/いつまでも飲んでいたい「鶴齢 純米吟醸」~

 


寝ちゃったのかと思った(笑)!

テツヤ「『鶴齢』はさ、どこのお酒なの?」
ひいな「新潟県南魚沼市」
テツヤ「うわ〜、米どころ、酒どころ、酒王国だ!」
ひいな「新潟のお酒は淡麗辛口っていわれてるけど、このお酒が淡麗旨口な理由がわかるよね」
テツヤ「ほんとにな」
ひいな「淡麗旨口のお酒を、あえて新潟でつくることがね」
テツヤ「こないださ、パナソニックの炊飯器の撮影をしたんだけど、魚沼産コシヒカリとほかのコシヒカリでボタンが違うんだよね」
ひいな「え!? 炊き方が違うっていうこと?」
テツヤ「そう、炊く時間が違うんだって」
ひいな「それは、すごいね」
テツヤ「おいしいお米ってさ、食べ飽きないよね」
ひいな「このお酒もまさに!」

真っ白い雪の中で寝かせたお酒は、雪国だからこそ生まれる逸品。



ひいな「この蔵はね、新潟の豪雪地帯にあるから『雪室(ゆきむろ)』っていう、大きい倉庫みたいなところに雪を詰め込んで、その雪の中で酒瓶を保存してるんだって。雪の中だと温度が一定になるから、味とか香りにストレスがかからないぶん、いい影響があるらしくて」
テツヤ「雪国ならではだね。ストレスってさ、味に影響あるっていうもんね」
ひいな「人もそうだよね。
次ページ :  ストレスないほうがいいもん」 テツヤ「ストレスのない状態っ…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ