愛あるセレクトをしたいママのみかた

サンフランシスコで愛され続けるパン「サワードウブレッド」が、次世代へ受け継がれる理由。

 


古くはビートジェネレーションから〈ブルーボトルコーヒー〉まで。 サンフランシスコ(SF)は何かが生まれる街。サンフランシスコの風土が育み、人の手が作るサワードウ。 流行の〈アウターランズ〉でも、原点のパン屋〈アクメブレッド〉でも、 地産地消、手作り、提供方法...伝統はしっかりと守られている。

目次 [開く][閉じる]

サワードウが発展させたレストランがある。



窯から出したばかりのカントリーブレッド8ドル。その流行について「クラフトがなくなっている時代だから、クラフトのパンが見直されているんじゃないかな」とローサ。

カリフォルニアキュイジーヌと自家製のカントリーブレッドが人気のレストラン〈アウターランズ〉。奥でパンを焼くローサは、日本人とのハーフで可憐な女性だった。「私の夢は日本でパンを焼くこと」彼女が本場のサワードウを日本に伝える日を心待ちにしている。オーガニックや地産地消を広めた名レストラン〈シェ・パニーズ〉の御用達が〈アクメブレッド〉。
学生時代から〈シェ・パニーズ〉でバイトしていたスティーブン・サリヴァンは、オーナーのアリスに背中を押されるようにして〈アクメ〉を開いた。
次ページ :  「アリスは僕の第のお母さん」シェ・パニーズの哲学を受け…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ