愛あるセレクトをしたいママのみかた

『伊藤家の晩酌』~第九夜2本目/ふくよかな旨味で味わい深い「ちえびじん 生酛純米 一度火入れ」~

 


弱冠22歳で唎酒師の資格を持つ、日本酒大好き娘・伊藤ひいなと、酒を愛する呑んべえにして数多くの雑誌、広告で活躍するカメラマンの父・伊藤徹也による、“伊藤家の晩酌”に潜入!酒好きながら日本酒経験はゼロに等しいというお父さんへ、日本酒愛にあふれる娘が選ぶおすすめ日本酒とは?第八夜と第九夜の2回にわたって、娘と父が二人っきりの九州旅で実際に酒蔵を巡って選んだ6本をご紹介。旅の思い出の聞き手として母・ミキも加わった第九夜、2本目はジューシーな熟成感を感じる一本。
(photo:Tetsuya Ito illustration:Miki Ito edit&text:Kayo Yabushita)

目次 [開く][閉じる]

第九夜2本目は、生酛らしさと熟成酒らしさが共存した「ちえびじん 生酛純米 一度火入れ」。


大分県は国東半島に位置する杵築市にある「中野酒造」。仕込水に使用している天然水は「モンドセレクション」で3年連続最高金賞を受賞。数ある「ちえびじん」の中でもこの生酛純米は燗酒推奨とのことだが、冷酒でも常温でも美味。

「ちえびじん 生酛純米 一度火入れ」720ml 1430円(税別・ひいな購入時価格)/有限会社中野酒造

娘・ひいな(以下、ひいな)「このお酒はね、大分県の国東半島にある『中野酒造』の『ちえびじん』です!」
父・徹也(以下、テツヤ)「国東半島ってさ、パワースポットの集合体だったね」
ひいな「おもしろかったよね」
テツヤ「そんな場所にある酒蔵っていうことはさ、やっぱりそういう磁場を受けてる気がするんだよな」
母・美樹(以下、ミキ)「うわ〜、パワースポットなんだね」
テツヤ「まったく霊感ないけどさ(笑)」
ひいな「でも確かに何かは感じたよね。
次ページ :  『ちえびじん』って銘柄でたくさんお酒があるんだけど、その中…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2020年10月27日今日の献立

とにかくお手軽、楽チンに出来る献立で、週の半ばを乗り切りましょう。

最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ