愛あるセレクトをしたいママのみかた

『伊藤家の晩酌』~第九夜1本目/誰もがおいしいと思える万能酒「若波 純米酒」~

 


弱冠22歳で唎酒師の資格を持つ、日本酒大好き娘・伊藤ひいなと、酒を愛する呑んべえにして数多くの雑誌、広告で活躍するカメラマンの父・伊藤徹也による、“伊藤家の晩酌”に潜入!酒好きながら日本酒経験はゼロに等しいというお父さんへ、日本酒愛にあふれる娘が選ぶおすすめ日本酒とは?第八夜と第九夜の2回にわたって、娘と父が二人っきりの九州旅で実際に酒蔵を巡って選んだ6本をご紹介。旅の思い出の聞き手として母・ミキも加わって、第九夜1本目は旨味と酸味がベストバランスな、これぞ日本酒な1本。
(photo:Tetsuya Ito illustration:Miki Ito edit&text:Kayo Yabushita)

目次 [開く][閉じる]

第九夜1本目は、押しては引く波のように、米のふくよかさとキレを感じる「若波 純米酒」」から。


福岡県大川市で創業。四代目となる姉と弟で蔵を牽引する福岡で注目の酒蔵。酒質を改良したことで、若き日本酒ファンを獲得。福岡県で唯一の女性杜氏・今村友香さんが手がける「若波 純米酒」

720ml 1375円(税別・ひいな購入時価格)/若波酒造合名会社

娘・ひいな(以下、ひいな)「ジャジャーン!今回は福岡県の『若波』です!」



父・徹也(以下、テツヤ)「おぉ!蔵で買った前掛け!」
母・美樹(以下、テ)「似合ってる!」
ひいな「いいでしょ〜」
テツヤ「かっこいいね!」
ひいな「このお酒はね、いろいろ語りたいことがあるから、まずは飲んでみて!」
テツヤ「いいね、いいね!」
ひいな「ぽってりした口のおちょこよりも、口が薄くて平たい酒器をあえて選んでみたよ。
次ページ :  じゃ、乾杯!」 一同「乾杯〜!」 「若波」…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2020年10月26日今日の献立

メインはサクッと揚がった天ぷらに、素材の味をシンプルに味わえる副菜とデザートの献立です。

最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ