『伊藤家の晩酌』~第六夜2本目/米のおいしさをとことん引き出した「龍力 純米酒 ドラゴン Episode3」~

 

まわりから削って、丸くなるんだけど、ここの蔵はお米のかたちに沿って磨くの」
テツヤ「ほほう。そりゃすごいね。どうやったらできるんだろう?」
ひいな「原形精米って言うらしくて、65%の精米具合だから、たんぱく質とか脂質がだいぶ残ってるってことなんだよね。だから本当は雑味とかになりやすいんだけど、その削り方だと50%精米と同じ成分になってるらしいの」
テツヤ「つまりは、いいところどりってことだよな。吟醸と純米の」
ひいな「うん、そうそう」
テツヤ「大吟醸に似たかたちで純米酒になるってことだよな。米の旨味を残しつつ、大吟醸に近い香りを出すっていう。大吟醸しか飲まないって言う人に飲ませてみたいねぇ」
ひいな「ねぇ。驚かせたいね」
テツヤ「ラベルにも “大吟醸造りに挑戦したお酒”って書いてある。ワインぽさもあるし、これ単体でおいしいからさ。鍋に合わせるの?って不思議な感じがするね」
ひいな「蔵の人は煮物とか揚げ物に合うって提唱してて。まずは鍋、いってみようか」

「龍力 純米酒 ドラゴン Episode3」に合わせるおつまみは「豆乳鍋」。



ひいな「じゃ、鍋いきます〜。今回はジャジャン!豆乳鍋です!」
テツヤ「豆乳鍋か!」
ひいな「ちょっとまったり、クリーミーな感じが合うかなと思って」
テツヤ「俺が小学生の頃、家族で行く中華屋が目黒駅前にあったんだけど、白菜のクリーム煮がすっげえうまくて。
次ページ :  今ってさ、クリーム煮なくないか?」 ひいな「うん、あんまり…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード
ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ