愛あるセレクトをしたいママのみかた

小谷実由の『趣味がなかなか見つからなくて。』 /新年は、自分で着物を着てお出かけしたい。

 



ファッションモデルから執筆活動まで、分野を超えて軽やかに行き来する小谷実由さん(通称:おみゆ)。意外にも、趣味らしい趣味がないのだとか。夢中になれる、一生モノの趣味と出会うべくしてはじまったのがこちらの連載。8回目は、伝統を受け継ぎながらも新しい着物の提案をし続ける呉服屋〈銀座もとじ〉の中井純子さんに着物の着付けを教えていただきました。

目次 [開く][閉じる]

まずは、着付けに必要なものを準備しよう。

「銀座の街には着物が似合いますよね」と、目を輝かせるおみゆさんは、これまでも歌舞伎座の前を通るたび、あでやかな着物姿の女性たちにときめいていたそうです。今日は銀座4丁目にある呉服屋〈銀座もとじ〉で、そんな着物の似合う女性に一歩近づきたいと中井さんに着付けを教わります。



着付けに必要なもの一式。和装肌着、長襦袢(半衿・衿芯を入れたもの)、腰紐3本、伊達締め2本、帯板、帯枕、着物用クリップ、足袋、タオル(補正用)など。

小谷実由さん(以下、おみゆ)「仕事柄、今までも着物を着せていただく機会はたくさんあったのですが、やっぱり大変そうなイメージがあるし、なかなかトライできずにいたんです」
中井純子さん(以下、中井)「普段、着物に馴染みがないと着付けを習うのはちょっと敷居が高いと思ってしまいますよね。
次ページ :  でも、自分で着られるようになればファッションの楽しみもグン…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2020年10月29日今日の献立

みんなが集まるハレのにぴったりのボリュームのある献立です。

最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ