弘中綾香の「純度100%」~第15回~

 



ひろなかあやか…勤務地、六本木。職業、アナウンサー。テレビという華やかな世界に身を置き、日々働きながら感じる喜怒哀楽の数々を、自分自身の言葉で書き綴る本連載。今回はあるイベントについて改革を訴えます。

「祝福に自由を!」

私は披露宴が苦手だ。招待状が来ると、「…ぅ」と小さくうめいてしまう。なぜか。それはあまりにも、自由がないから!リスケはできない、食事は選べない、席も選べず、着ていく服にもルールがある!こんながんじがらめのイベント、ほかにありますか?ありません!!!
「ああ、結婚できない女のひがみね」と思われるひともいるでしょう。それもあります!が違います!!私は、祝いたい気持ちはある。けれども、果たして、その「新郎新婦を祝福する」という目的に対する手段として「披露宴に出席する」が最適なのか、という疑問を持っていて、否、違うのではないか、と思っているわけです。

思い返してみてほしい。大広間にずらっと並んだ円卓。始まると、まず主賓のスピーチ、乾杯のご発声、歓談、ケーキ入刀、VTR、挨拶。お決まりの流れで、会が進んでいく。こちらは新郎新婦と話したいのに席は離れているし、席を動けるのは、ちょっとした合間の写真撮影と、最後のお見送りくらい。
次ページ :  話せるのは一言二言。もっと伝えたいのに、ずっと見ているだけ…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2019年12月14日今日の献立

ほっこり温まるおかずに具だくさんの炊き込みご飯。デザートも混ぜるだけで簡単です。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ