休日の隠れ家!本を読みながら、おいしいご飯も食べられる【東京】スパイスカレー店&喫茶。

 



本を読みながら、お店自慢の料理をパクリ。ラインナップにも個性アリの、至福の時間を過ごせる2店をご紹介。

〈小さかった女〉食のエッセイから文豪作品、絵本まで並ぶ、コレクション。



西小山の商店街を抜けた、住宅街にあるスパイスカレー店〈小さかった女〉。店主自ら作った本棚には、作家たちが日々の食事や東京の名店について綴ったエッセイ本や、三島由紀夫や安部公房など昭和を代表する文豪の小説が並ぶ。



店主 小助川麻里耶さん(左)・田尻 紡さん(右)/飲食店の同僚だった2人で5年ほど前にオープンさせた。2人の掛け合いも店の魅力の一つ。

「家から、昔読んでいた本をカテゴリーを問わず持ってきました。お客さんからは片手で読める文庫本が人気です」(小助川さん)



KOYAMAチキン 950円

店がある西小山が名前の由来の名物カレーと合わせて読みたいのは、食べることについて考察された本。



『つむじ風食堂の夜』十字路の角にある少し風変わりな食堂「つむじ風食堂」と、そこに集う人々が織りなす清々しい物語。著・吉田篤弘(ちくま文庫/580円)、『おとなの味』苦味や辛味、えぐみなど、大人になってから魅力に気づいた味について美しい文章でつづったエッセイ。
次ページ :  著・平松洋子(新潮文庫/630円)。 「読んでいるうちに…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2019年12月12日今日の献立

食べごたえのあるおそばと、あっさりおかずの組み合わせ。デザートはせっかくなので旬のものを。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ