愛あるセレクトをしたいママのみかた

銀座のインド料理&カレー店、編集部が勝手にマトリックス!好みのカレーや飲みなど気分に合わせて。

 



ハレの日を過ごす銀座には本格派インド料理店がそろいます。インド人シェフが本場の味を再現するレストランから、オリジナルの味を追求する店まで。縦軸で南北エリアを、横軸で飲む&食べる目的を、代表料理イラストで簡単図解!

目次 [開く][閉じる]

銀座のインド料理&カレー店、編集部が勝手にマトリックス!



【北インド】
日本人に最も親しみがあるバターチキンに代表される、生クリームや油脂を贅沢に使うリッチな味の料理が多い。ナンやチキンなどを焼いたタンドール料理も北の特徴。

【南インド】
油脂が控えめでカシューナッツでコクをつけるなど、軽やかな味わいの料理が多い。北の小麦粉に対し、南は米食文化。サラリとしたカレーと相性がいい。

【飲むのがサイコー!】
前菜やタンドール料理など、一品料理をつまみながら、ワインやビールの杯を重ねてこそ楽しいお店。ひとりで行くにも友達を誘って過ごすにも。

【この一品を食べに!】
店の看板にもなっている名物料理を置く店。その一品を目指して何度もリピートするお客がいたり、オープン前から店先に行列ができることも。

1.〈アーンドラ・ダイニング 銀座〉の「アーンドラ・マサラ・ドーサ」クレープ状の軽食ドーサは、サクッのあとにむっちり食感。

次ページ :  1,390円(税込) 米粉とウラド豆をペー…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2020年8月15日今日の献立

いつもの素麺の食べ方に飽きたらコレ! 豆乳+ラー油でアレンジ素麺のでき上がり!

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ