『伊藤家の晩酌』~第四夜1本目/秋ならではの旬の味を楽しむ「喜楽長 特別純米 ひやおろし」~

 

まだ駆け出しの頃」
ひいな「私が4年生の時に、妹のひびきが1年生になって本間先生が担任に。2年間、ひびきがお世話になりました」
先生「きっと伊藤家とご縁があったんだね。こうしてまた会えてうれしい!」
テツヤ「先生、今日はひいなのために来てくれてありがとう!」
先生「こちらこそ、日本酒大好きだから呼んでもらえて光栄です! ひいな先生、いろいろ教えてください!」

先生はなんと「ひやおろし」初体験!さて、そのお味は?

先生「私、ひやおろしって飲んだことないかも」
ひいな「初体験だね。お楽しみに」
テツヤ「ひやおろしってさ、ちょっと寝かすんだっけ?名前からするとおろしたて、しぼりたてのイメージなんだけど」
ひいな「新酒っていうのはね、だいたい冬にできるの。それを春頃、一回タンクごと火入れして、タンクのまま一夏を越して、外の気温と貯蔵庫の温度が一緒になった時に、生のまま瓶詰。それを『ひやおろし』って呼ぶの。1回しか火入れしてない状態で瓶に詰める時は生の状態だから『生詰め』とも言うよ(ライター注:通常の日本酒は2回火入れをする)」
先生「ひやおろしっていう名称が、ちょっと夏っぽいのかな」
ひいな「秋あがりって言ったりもする」
テツヤ「いいね、秋あがり」
先生「ラベルも秋って感じするもんね」
テツヤ「じゃ、先生も、乾杯しますか」



小学校の担任の先生にお酒をついでもらう娘の姿を眺める父・テツヤ

テツヤ&ひいな&先生「乾杯!」



ひいな「ひやおろしって、ぽってりしたおちょこが合うかも。
次ページ :  この厚みがうまさを増長させる感じがあって」 先生「どうして…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2019年12月7日今日の献立

旬のブリを中心に、シンプルながらしみじみ旬のおいしさを味わえる献立。

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ