京都・祇園で訪れたい、しゃぶしゃぶの老舗名店〈十二段家 本店〉とは?

 



子供のころから民藝が身近にあったという、菓子研究家として活躍する福田里香さん。現在、“民芸お菓子巡礼”の連載を持つ彼女に、京都で民藝に触れることができる飲食店と、かの地ならではの魅力を聞きました。

内装のみならず、料理も、民藝なくして語れません。



大阪で書店を営んでいた2代目が、棟方志功を通じて柳や河井らと出会う。そして戦後間もなく、河井の弟子、上田恒次の設計で店を構える。



引き戸を開けると正面に棟方が掘った看板。



鳥取の木工職人による飾り棚には、濱田庄司の器。



襖は、棟方の肉筆。その横の床の間には、柳が書いた額が。



テーブル席の部屋にある棟方の版画絵。



しゃぶしゃぶは、中国から帰国した民藝運動家の吉田璋也(しょうや)が、店に飾られていた鍋を見て、中国の羊鍋のことを伝えたのが始まり。彼らの助言で牛肉をごまだれで味わう形が出来た。京都牛のしゃぶしゃぶは夜11,000円~。昼の定食は2,800円。

〈十二段家 本店〉

京都府京都市東山区祇園町570-128
075-561-0213
11:30~14:00LO、17:00~20:00LO木、第3水休
30席/禁煙

Navigator 福田里香さん

レシピ本のみならず、ユニークなエッセイの著書も持つ菓子研究家。
次ページ :  両親が民藝に傾倒していた影響で、子供のころから民芸品に囲ま…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード
ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ