愛あるセレクトをしたいママのみかた

京都グルメのバイブル『京都の中華』に登場。食通が訪れる中華料理店3軒!

 

京都の食にまつわる本を見ていると、その著者たちのバイブルともいえる一冊にたどり着きました。行く先々でまた感動して、本に書き記す。角野卓造さん、恵文社一乗寺店の著作にも、編集者の姜尚美さんが上梓した『京都の中華』に感銘を受けた人々が本を片手に街歩きし、姜さんに触発されて訪ねた中華の店が生き生きと紹介されています。

目次 [開く][閉じる]

1.姜 尚美『京都の中華』「かむほどにじわりとしみ出し、最後のひとさじまでおいしい」〈盛京亭〉/祇園

かやくご飯のように、炊いた具材とご飯を炒め合わせる焼飯 880円(税込)は先代が開発した昭和26年頃から忠実に守り継ぐもの。あっさりとした味を好む京都人のために、ラードは使わず植物油。水分含有量が少ない古米をあえて選び、パラッとした食感に仕上げている。女性でも軽く食べられる量は、祇園の芸妓衆を思ってのこと。後継の予定は無いというから、今必食だ。
(幻冬舎文庫/800円)《京都の中華は他とは違う“何か”がある》との思いを胸に、編集者の姜尚美さんは取材を開始。にんにくを控え、油を控え、香辛料さえ控える。だけどおいしい。《〈盛京亭〉の中華の味はまるい》と、それを一番味わえる焼飯を紹介した。
次ページ :  執筆当時の2012年に存在していた店は少しずつ閉店している…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2022年7月5日今日の献立

メインはカニ玉丼! 素材の味を生かした副菜を添えてバランスよく。

最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ