小谷実由の『趣味がなかなか見つからなくて。』/金継ぎで割れた器を修復しよう。

 

しかも私、実は手先がすごく不器用で…」
ナカムラ「創作の世界では、不器用な人の方がいいものを作ることが多いんですよ。不器用ならではの魅力と言いますか、その不完全さが美の形となり、「わびさび」の原点となる訳です」
小谷「先人の方たちは、どうして器の修復に金を使おうって思ったのでしょうか?」
ナカムラ「金は、その昔、”光の代用”として扱われてきました。谷崎潤一郎が蒔絵に金を使った理由を「乏しい光の中における効果を狙ったものだ」と言っているんですね。つまり、金は「月」だったり「太陽」の表現として用いられてきたと考えられています」



どんどん無口になり、のめり込んでいく小谷さん。

小谷「金継ぎは、描く線によって大きく印象が変わりそうですね」
ナカムラ「あえて筆先を震わせたり、揺らぎのある線にすることで、味わいが生まれたりすることもあります。小さなキズがある場合は、そのキズを楽しむつもりで、あえて大きく金を入れてみるのもいいかもしれませんね」
小谷「なんだか、地図の海岸線や国境線をなぞっているような感覚になってきました。何と言うか、ひびと向き合っている感じがします」
ナカムラ「いいですね。金継ぎはひびを楽しむ芸術ですからね。
次ページ :  極めると、”ひび目線”で世界を見つめられるようにもなります…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2020年2月22日今日の献立

まだまだ寒さの残る季節は、お鍋で温まって春の野菜を味わいます。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ