小谷実由の『趣味がなかなか見つからなくて。』/金継ぎで割れた器を修復しよう。

 

どれだけ高級なものや古いものでも、器は普段使わなければ意味がないじゃなですか。金継ぎができるようになると、極端な話、器ひとつをずっと使い続けることだってできてしまうので、わざわざ高いものとそうじゃないものを、使い分けする必要がなくなります」
小谷「お気に入りの器も、しまいこまずにどんどんと使えるようになる訳ですね」
ナカムラ「その通りです。あとは、直す喜びが生まれて、割れること自体が悲しくなくなります。私の場合は人が何かを割っても怒らなくなりましたね。「いい割り方をしたね」って」

今回、使用する材料と道具はこちら。

ナカムラさん考案の「新うるし」を使った金継ぎに必要なものは、なんとこれだけ。すべて揃えても3,000円程度で、いずれも〈東急ハンズ〉やホームセンターなどで手に入るものばかりなのだとか。



1 新うるし
2 金粉
3 うすめ液
4 パテ(合成樹脂)
5 耐水性の紙ヤスリ(400番と1000番)
6 筆
7 竹ヘラ
8 マスキングテープ

※その他、瞬間接着剤やカッターナイフなど。今回は乾きやすく、手もかぶれない「新うるし」を使用します。

Step.1 割れた器をくっつけよう。

次ページ :  実習スタート。まずは、ふたつにパキッと割れてしまった、…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2020年2月26日今日の献立

ご飯が進む献立です。野菜も自然とたくさん食べられるメニューです。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ