小谷実由の『趣味がなかなか見つからなくて。』/金継ぎで割れた器を修復しよう。

 

どうでしょう?この器に新たな景色が広がってきませんか」
小谷「なるほど。器のひびから想像を巡らせて、雷や川に思いを馳ていくわけですね」
ナカムラ「その通りです。単に器を直すというより、もっと創作に近い存在です。新たな作品を作る技術だと思ってもらっても、いいかもしれませんね」



古唐津の陶片をつなぎ合わせた、ナカムラさんの呼継ぎ作品。

小谷「ナカムラさんのように金継ぎが生活の中に根付いてくると、ひとつの器も長い期間、使い続けられるようになるのでしょうか?」
ナカムラ「私は今でも、子どもの頃から同じお茶碗を使い続けています。もう40年以上経つのですが、何度も壊れたところを直しながら、大切に使っています」
小谷「素敵ですね。ひょっとして、モノを捨てるっていう発想自体がなくなってくるのでしょうか」
ナカムラ「壊れても直せばいいだけなので、次第に壊れるっていう恐怖はなくなってきますね。金継ぎのよさは、大切な器が再び使えるようになったり、愛着を持って長く付き合えるようになったりすることです。ちなみに私は、「縄文土器」や「弥生土器」だって普段使いしていますよ」



小谷「自分で直す技術が身につくと、大切な器も日々気軽に使えるようになりそうですね」
ナカムラ「そうなんです。
次ページ :  どれだけ高級なものや古いものでも、器は普段使わなければ意味…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2020年2月18日今日の献立

クリーミーなパスタとさっぱりとしたサラダを組み合わせたバランスのよいメニューです。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ