【京都】9/7~10まで!老舗高級和菓子屋〈とらや〉の「兎饅」、店頭で限定販売。

 



思わず写真に収めたくなる、Hanako京都号表紙の「兎饅」。その歴史は、なんと大正時代に遡るといいます。いつもモダンであり続ける〈とらや〉のほんとを追いました。

〈とらや〉、時代ごとの挑戦。



大正7年に作製された菓子見本帳。薯蕷製「兎饅」。うさぎは神話にも登場する、昔から親しまれている動物。多産なので、豊穣の象徴として縁起がよいとされた。

〈とらや〉のお菓子カタログである「菓子見本帳」は昔の菓子の姿を伝える、あんこ好きにはよく知られた存在。元禄時代から作られていて、現在、約40冊が残されている。〈とらや〉の「菓子見本帳」の集大成といえるのは、14代目店主が作ったもの。〈とらや〉のお菓子の絵1300点余りを画家に依頼し6冊にまとめた。その見本帳は今も現役で、お菓子作りなどに活用されている。表紙のモダンな姿の「兎饅」はこの大正時代の見本帳にすでに描かれているものだというのだから驚きだ。

このように時代ごとに「挑戦」を続ける〈とらや〉の始まりは室町時代後期の京都。後陽成天皇の時代から御所にお菓子を納め、明治時代を迎えると「天皇にお供」して東京へも「進出」を果たすのだ。

その後、平成になると京都御所近くの一条の店と菓寮(喫茶)を人気の建築家・内藤廣に設計を依頼し一新する。
次ページ :  そして昨年、〈京都四條南座〉内に新しく店舗を…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2019年10月19日今日の献立
ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ