引き出しや棚の整理に--セリアの「キッチン消耗品収納ケース」はサイズ選びがポイント

 

セリア「キッチン消耗品収納ケース」


キッチンで使うポリ袋やジッパーバッグなどの消耗品。購入時のパッケージのままだとビニールや箱で揃わなかったり、少なくなって倒れてしまったりと収納にてこずりがちです。

そんな消耗品をスッキリ整理できると人気なのが、100円ショップ「セリア」の「キッチン消耗品収納ケース」。実際にどんな使用感なのか試してみました。

キッチン消耗品収納ケースのサイズはS(120×200×30mm)とM(120×260×30mm)の2種類、それぞれブラックとホワイトの2色が展開されています。サイドに大きめの取り出し口があり、袋やネットなどの収納物を1枚ずつサッと取り出せるそう。

ケース内部は中板で仕切られており、ここに畳んだ袋をかけて使用します。量が減っても板が支えてくれるため、最後まで取り出しやすいという仕組み。

キレイに入れるコツは厚紙
ケースに入れ替える際は、適当な厚紙を山型に折り、あらかじめ袋を折ってから入れるとスムーズに入ります。早速筆者宅にあった消耗品を入れてみたところ、ポリ袋やジッパーバッグ、10Lのゴミ袋がうまく収まりました。いずれも入れ過ぎたり、大きい袋を何とか入れようと厚く畳んだりすると取り出しにくくなるのでご注意ください。
次ページ :  S/Mサイズの違いに注意 なおSサイズとMサイズは高さ…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年8月23日今日の献立

定番の塩サバをひと工夫し、おしゃれに演出。パンやワインにも合う献立です。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.