一度使うと手放せない!?カップヌードル リフィル用マグカップをメジャーにしたい3つの理由

 



熱湯で作る場合は内側の線まで注ぎ、フタをして3分待ちます。

電子レンジの場合は水を入れてレンジで加熱。途中1度かき混ぜて、様子を見つつ再度加熱します(時間はリフィルを参照のこと)。どちらも熱々の仕上がりで麺の硬さもいつも通り。

その2:めっちゃ食べやすい
カップヌードルを食べる際は片手で持って食べる人がほとんどかと思いますが、このカップは取っ手を持つことで全く熱くなく、カップ自体の高さもあるのでとにかく食べやすい。

その3:あくまでカップヌードル

これは完全に個人の好みですが、本体にバッチリカップヌードルのロゴが入っているので「いまカップヌードル食べてるぞ!」という気分に浸れるのもポイント。だってカップ麺って中身をお皿に取り分けたとたんテンション下がりません?筆者だけ?欲を言えば内側にスープの色が付きそうなので、白以外のバリエーションもあると嬉しいです。

なお既にお気づきかと思いますが、「リフィルが手に入りづらい」(そして値段も変わらない)というのが唯一残念なところ。かさばらないのでアウトドアや長期旅行用としては根強い人気があるみたいですが、もっと普及が進んでどこでも買えるようになれば真に“エコスタイル”といえる日が来るのではないかと思います。
次ページ :  というわけで筆者も普及活動に努めます。 最後に、カップヌ…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年11月18日今日の献立

土曜日はちょっと手をかけて、カレー粉から作る香り高いカレーを作ってみませんか?スパイスを使った副菜2種を添えて。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.