【東京・両国】江戸時代の寿司を再現!穴子やマグロが通常の2倍以上も大きい“元祖”江戸前寿司がすごかった! 

 

江戸っ子が愛した屋台グルメはココから始まった!両国「政五ずし」

-両国- 江戸NOREN


「政五ずし」があるのは、2016年11月にオープンした「-両国- 江戸NOREN」内。1929年に建てられた両国駅の旧駅舎内に、12軒の和食店が集結した新名所です。

看板


両国といえば相撲やちゃんこのイメージですが、実は握り寿司発祥の地でもあります。「政五ずし」は、江戸時代のお寿司を再現して出すことで知られるお店。

ボード


入口にはお店の歴史が書かれたボードも。

一説によれば、握り寿司の先駆けは両国にあった「華屋与兵衛(はなやよへい)」。そして、それを再現したのが看板メニュー「与兵衛ずし」なんです。

1968年創業の「政五ずし」は、夫婦で営むアットホームな寿司店。

政五ずし


寿司の起源は、古代からある保存食の「熟れずし(なれずし)」。塩と米飯で発酵させた、いわば魚の漬物です。

日持ちして遠くまで運べたため、献上品や贈答品として発達したんだそう。

魚の漬物だったことの名残りで、今でも寿司屋の調理場は“漬け場”と呼ばれます。

店内


本日のおすすめ


清潔で和モダンな店内は、テーブル席中心の全21席。「本日のおすすめ」もあり、一貫ずつの注文も可能です。
次ページ :  安価で立ち食いできる握り寿司が生まれたのは、江戸時代後…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年8月20日今日の献立

家族でワイワイ楽しむ献立です。ホットプレートが大活躍の週末メニューです。

ピックアップ

最新の おいしい!

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.