おつまみがおかずに変身!? 子どもも食べやすい「かわきもの」アレンジレシピ

 

「かわきもの」はおつまみの定番。パパの晩酌用に、ストックしている家庭は多いかもしれませんね。少量でもお酒が進む優れモノではありますが、それゆえに開封してもなかなか消費しきれないのがネックです。そんな余ったかわきものがあれば、おかずにアレンジしてみましょう!

© hungryworks- Fotolia.com



■さきいかは万能選手

子どものおやつやおつまみとしても人気の「さきいか」は、アレンジの幅が広い優秀な食材です。味がついているので、調理が楽というメリットもあります。

一番簡単なのは、炊き込みご飯にする方法。ご飯を炊くときにほぐしたさきいかを入れれば、風味豊かな一品のできあがりです。かためのものでも圧力でやわらかくなるので、子どもにも食べやすくなります。

量はお好みですが、米3合に対してひとつかみ程度でしょうか。ニンジンやゴボウなどの野菜と一緒に炊き込めば、彩りや栄養価もプラスできて便利。開封したもののなかなか食べきれない場合に試してほしいメニューです。

やわらかいタイプのさきいかなら、天ぷらとしてアレンジ可能。居酒屋でも人気メニューとして知られています。

ほぐしたら衣をつけて揚げるだけですが、サクッと仕上げたいなら卵の代わりにマヨネーズを使うのがおすすめ。加熱することで酸味が気にならなくなるので、「卵を買い忘れた!」というときにも役立ちます。

小麦粉と水の割合は1:2弱、水には冷水を使うとよりサクサクの仕上がりになります。そこにマヨネーズを少し加えるだけ。衣の総量にもよりますが、小麦粉が100gなら大さじ1くらいを目安にするといいでしょう。

鍋の中ではさきいか同士がくっついてしまうので、箸でほぐしながら揚げるようにします。そのままでもおいしいですが、マヨネーズや塩などをつけてもOKです。

さきいかといっても、その原料は「イカ」なわけですから、酢の物としてわかめやキュウリと和えてもOK。かたさが気になる場合は、酒や水をかけて電子レンジであたためるとやわらかくなりますよ。



次ページ :  ■ビーフジャーキーでスープを作る そのままで…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年9月22日今日の献立

オイスター炒めにチャーハン。箸休めにキュウリの大葉和えでサッパリと。

この記事のライター

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.