朝は「だし」からスタートしたい!「だし」のうまみで野菜を食べる、和のファストフード『dashi+』

 



日本人のハートをつかむ味わい! ビジネスパーソンに提案したい、和のファストフード

ビルの立ち並ぶオフィス街であり、飲食店の多い繁華街でもある東京・赤坂。東京メトロ千代田線・赤坂駅から直結のオフィスビル「赤坂Bizタワー」のレストラン街に、和だしのうまみで旬の野菜をおいしく食べられる店『dashi+』(ダシプラス)がオープンした。


老若男女問わず誰でも立ち寄りやすいカジュアルな店舗で価格帯もリーズナブルだが、実はこの店、『ミシュランガイド東京 2018』で一つ星に輝いた西麻布の日本料理店『La BOMBANCE』(ラ ボンバンス)のオーナーシェフ岡元信さんが手掛けている。名店の料理人・岡元さんが考案したレシピに沿って丁寧にひいた和だしが気軽に味わえるとあって、2018年8月のオープン以来、多くのリピーター客が訪れている。

「料理人が考え、経営する、和のファストフード店なんです」と岡元さん。飲食業を営む企業が考案しただしではなく、ひとりの料理人が考えたレシピでスタッフがだしをひき、野菜を調理する。それを気軽に、日常的に、生活にとり入れてもらいたいと言う。


こちらの店のアイデンティティである和だしは、鹿児島県枕崎産のカツオ節をメインに、サバ節、イワシ節などの乾物をブレンド。
次ページ :  野菜の味が引き立つよう調整された材料を煮出す。 …>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年12月11日今日の献立

食欲そそる魚のメインに栄養たっぷりの副菜、食べ応えのある汁物、バラエティーに富んだ献立です。

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ