戸越銀座周辺の食べ歩きにおすすめ!「酒粕」を気軽にたのしむ、新潟発の古民家風カフェスタンドが話題

 



昔懐かしい軒並みが続く戸越に、古民家風の「発酵ファストフード店」が登場

関東有数の長さを誇る商店街として有名な東京都品川区「戸越銀座商店街」。そのメインストリートから東急大井町線・戸越公園駅へ向かう途中ののどかな通りに2018年7月オープンしたのが、酒粕専門店『お米や Hacco to go!(ハッコートゥーゴー)』だ。


同店は、新潟の「地域と食を結ぶ」という想いをもとに商品開発やコンサルティングを行う『FARM8(ファーム・エイト)』が手がけた、酒粕を使ったフードやスイーツを提案するカフェスタンド。


建物全体は懐かしい佇まいだが、リノベーションにより古いものと新しいものを融合させた趣のある古民家風。店内には3~4人掛けの小さなベンチがある。

「酒粕」「発酵」をもっと身近に! 想いを具現化させた『Hacco to go!』

「酒粕」とは、日本酒の製造過程でできたもろみ(原料の米などが発酵したもの)をろ過したときにでる絞りかすで、日本では昔から親しまれてきた発酵食品の一つ。酒粕は糀菌(こうじきん)、酵母菌などの良好な菌によって発酵という作用を受け、元のお米よりも栄養豊富。健康や美容に有用な成分が多く含まれている、いわば日本のスーパーフード。
次ページ :  しかし、現代では、漬物や甘酒などにつかわれることもあるが…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年11月16日今日の献立

塩焼きにバターソテー・・・手軽にシンプルな食卓を。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ