今が旬のそら豆で「豆板醤」を作ろう! 材料4つで簡単に作れる自家製豆板醤レシピ

 




5~7月に旬を迎える「そら豆」。
蒸したり焼いたり、シンプルな調理法で食べるのが一般的だが、ひと手間加えるだけで「調味料作り」に活用することができる。

その調味料とは「豆板醤」。

意外かもしれないが、 豆板醤の「豆」は「そら豆」のことを指す。そら豆と唐辛子と麹を発酵させたものが豆板醤なのだ。

本来、豆板醤作りには半年ほどの発酵期間が必要だが、今回はひと晩おくだけで完成する手軽なレシピを紹介する。

発酵時間を大幅にカットできる秘密は「塩麹」。
塩麹を使うだけで、熟成されたうまみが加わり、短い発酵期間でもおいしい豆板醤に仕上がるのだ。
それではさっそく、気になるレシピを見ていこう!

■調理時間は20分! そら豆と塩麹で作る「基本の自家製豆板醤」レシピ


豆板醤を自家製する最大のメリットは、自分好みの豆板醤を“育てられる”こと。
「塩麹」がもつ麹菌がそら豆のタンパク質を分解することで、よりうまみを感じやすくなり、熟成が進むほど深みのある味わいに変化するのだ。

さらに、短い熟成期間で十分にコクが出るよう、塩麹と同じ発酵調味料である「味噌」もいっしょに混ぜ込もう。

■材料 (作りやすい分量)


・そら豆 … 400g (さやを含む)
・塩麹 … 50g
・赤唐辛子(粉末) … 30g
・味噌 … 30g

<塩麹の選び方>
塩麹は加熱処理されていない商品を選ぶ。
次ページ :  加熱処理してある塩麹は、酵素の働きが期待できないため。 …>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年7月16日今日の献立

「海の日」にちなんで、アジを丸ごと豪快に。休日にピッタリな華やかな食卓になりますね。

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.