【パリ空港】名だたるスターシェフのレストランが続々オープンし世界中から脚光! 美食の発信拠点に

 



パリ空港が美食の発信拠点に!スターシェフによるレストランが続々オープン!

空港を単なる通過点ではなく「Destination(ディスティネーション)/旅の目的地」として“ガストロノミー強化”をしているパリ空港が、2016年、ギー・マルタン氏による『I Love Paris (アイ・ラブ・パリ)』を空港内にオープン。当プロジェクトの1店舗目にしてなんと同店は2016年の「世界の空港内ベストレストラン第1位」に選出された。


その後もマルタン氏はパリ空港と協力しながら、ビストロノミー(ビストロ✕美食)のコンセプトのもと80席のレストラン『The French Taste (ザ・フレンチ・テイスト)』をシャルル・ド・ゴール空港(以下、CDG空港)ターミナル2階にオープンした。


そして 2018年3月29日には、ティエリー・マルクス氏が、日本とフランスのグルメ文化を融合させたレストラン『Teppan(テッパン)』をターミナル1にオープン。ビジネスや観光など、フランスに滞在するあらゆる旅行客の 「フランスで過ごす最後の時間」がさらに価値のあるものになる。

スターシェフがもっとも重んじる3つの要素とは?


かつてアラン・シャペルに師事したティエリー・マルクス(写真上)は、料理においてもっとも大事にすべきものは、“火”であり、そしてその次に時間、そして素材の新鮮さであると教わり、その後もこの3つの要素を重んじているという。
次ページ :  レストラン『Teppan』では、市場からその日…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年6月20日今日の献立

バルサミコ酢を合わせた鶏肉のソテーと焼きパプリカのマリネは暑い夏にピッタリのメニュー。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.