『レフェルヴェソンス』や『銀座レカン』など、名店出身シェフの味わいを堪能できる、注目のフレンチ5選

 



昨今、次々と誕生する話題のフレンチ店。そこで腕を振るうシェフたちは、超有名フレンチレストランで修業した経験を持つ若きエース。料理の手法、盛り付け、サービスなどを最高の環境で身に付けたシェフによる新店は、そのスキルを存分に発揮して新たな魅力を開花させた魅力溢れる店ばかり。今日(こんにち)の東京で輝きを放つ、フレンチの名店5軒を一挙ご紹介しよう。

斬新な見た目と味付けにノックアウト! 食材の直接仕入れにもこだわる新感覚フレンチ


『ミシュランガイド東京 2018』で二つ星に輝いたフレンチレストラン『レフェルヴェソンス』の姉妹店で、日本橋「コレド室町2」の1階にオープンしたカジュアル・ガストロノミー『ラ・ボンヌターブル』は、『シェ松尾』『ラ・リオン』などで修業した中村和成シェフの店だ。


“Farm to table”を掲げ、国内の農家、畜産家から直接食材を仕入れている。例えば夏の「鮎のコンフィ、スイカ、黒オリーブ、木の芽」(写真上)など、盛り付けから食べ方まで、他にはない驚くべき仕掛けを施す。料理人自ら料理をサーブし説明する姿も同店の特徴となっている。

【店舗情報】
ラ・ボンヌターブル
住所:〒103-0022東京都中央区日本橋室町2-3-1 コレド室町2 1F
電話番号:050-3491-8555

>>>このレストランを特集している記事を読む

足し算の料理の対極にある、食材の可能性を引き出す料理に舌鼓


フレンチの名店『アピシウス』出身の佐々木直歩シェフによる新店『レクテ』は、2017年の大注目フレンチとして名高い。
次ページ :  食材をいじりすぎず、本来の香りや個性をも楽しめるように料理…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年6月20日今日の献立

バルサミコ酢を合わせた鶏肉のソテーと焼きパプリカのマリネは暑い夏にピッタリのメニュー。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.