ファン待望! パリ発・世界中の美食家が愛する名パティスリー『アルノー・ラエール』が日本初上陸

 



世界中のパティシエが憧れるパリのパティスリーが日本初上陸!

広尾駅から広尾商店街を下って歩くと、オレンジと茶の洗練された大きな看板が目に入る。シックで洗練された佇まいとガラス張りのファサードから見える店内のきらびやかさに、道行く人々は立ち止まる。


その名も『アルノー・ラエール』。パリの芸術家たちが愛する街・モンマルトルとセーヌ通りに店舗を構えるパティスリーで、2018年1月13日に、東京・広尾にオープンした。


パティシエのアルノー・ラエール氏は由緒あるチョコレート愛好会「クラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ」により、欠かすことのできないショコラティエに選ばれたという実力派。多くのパティシエが渡仏すると足を運ぶ、注目のパティスリーのひとつだ。


ブティック内のショーケースには、艶めくケーキや焼き菓子、色とりどりのマカロンなど、美しいスイーツの数々が並ぶ。

フランス・ブルターニュ地方に根ざした郷土菓子の数々は、上質な塩とバターがポイント


アルノー・ラエール氏(写真上)はフランス・ブルターニュ地方の出身。ブルターニュ地方では伝統的な食文化が非常に大切にされており、そば粉のガレットやシードル(リンゴの発泡酒)などの特産品は日本でも人気が高い。
次ページ :  また、潮の満ち引きが大きな同地方では、「ゲランドの塩」に代…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年6月19日今日の献立

メインはアジのオーブンパン粉焼き。副菜はどこか懐かしい味のマカロニサラダとジャガコーン。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.