ワインはどう選ぶ? 飲み方にルールはあるの? 真のソムリエが教えてくれること

 



そもそも「ソムリエ」ってどんな仕事?【ワインナビゲーター・岩瀬大二】

「ソムリエ」という言葉を聞いて、あなたはどのような反応をするだろうか? ワイン選びの心強いパートナーと思われる人もいるだろうし、逆に、難しい相手と感じる人もいるだろう。今回は“ソムリエコンクール”を通して考えるソムリエの仕事について、シャンパーニュ専門WEBマガジン『シュワリスタ・ラウンジ』編集長であり、酒旅ライター兼ワインナビゲーターでもある岩瀬大二氏に話しをうかがった。

ワインというのは勉強しなきゃ飲んじゃいけないものなのか!?


僕自身の話でいえば、ワインを覚え始めた20代のころ、ソムリエの数自体それほど多くなかったということもあるが、ただただ、緊張する相手だった。ワイン初心者として頼るべき相手というより、正解を伝えなければいけない相手。ワインのオーダーの仕方も、違いもわからない者にとっては何を聞けばよいのかさえ分からず、予測されたことといえば、鼻で笑われて恥をかくという、暗澹(あんたん)たる結果。


1991年、世の中はまだバブルの熱気が残っていて、高級なワイン、この時代はボルドーが主なものだったが、これが若造の僕にも回ってくるような時代だった。
次ページ :  だが、ボルドーの至宝、なんていうワインの良さなんてわからな…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年11月19日今日の献立

メインは食べ応え抜群のクリームパスタ。シャキシャキサラダとホクホクピザを添えて。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ