「シビれる快感」にハマる人続出! 札幌で大人気のシビれ系「担担麺」が東京に初進出

 



札幌発・大人気のシビれ系「担担麺」が東京に初進出!

担坦麺好きから注目を集めてきた札幌の『175°DENO担担麺』。札幌で4店舗、新潟で1店舗を展開しており、ラーメン好き、担坦麺好きに好評を博している。口コミサイトでの受賞もきっかけとなり、全国的にもその名を馳せている。


ところで、一般的な担坦麺のイメージとはなんだろうか。ゴマと味噌がベースの辛いスープに、挽き肉と青菜が載っている。また、一般的な四川料理のイメージはなんだろうか。四川料理の代表格である麻婆豆腐は、辛くてご飯がすすむ、そんなところだろう。

だがそこには、本来見落としてはいけない大切な要素がある。それは、四川山椒(花椒)の存在だ。

少し前の激辛ブームの気分ではないが、ぴりっとくる刺激もほしい。
そんな山椒の「シビレる」快感で人々をトリコにする『175°DENO担担麺』が東京にやってきた。


同店は銀座一丁目の駅からすぐ近くの地下1階という好立地にありながらも、外から認識できるのは小さな看板だけ。ふらっと立ち寄るお客は山椒のシビれに驚くだろうと予測し、あくまでも“シビれたい”お客に店に来てほしいという願いからだ。札幌にある4店舗も、どこもあえてビルの奥や地下といったわかりにくい立地を選んだという。
次ページ :  メニューは基本的に「担担麺(汁なし)」と「担担…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年10月23日今日の献立

キノコにお芋に葉野菜。幅広い野菜を取り入れた洋食の献立です。

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ