40代で再びフランスへ! そして広島に再オープンした話題のフレンチ『エピュレ』

 



再びフランスで修業。そして再オープンした話題のフレンチとは?

広島の繁華街から少し離れた、南区・京橋川沿いに、待望のフレンチレストランがオープンした。15歳でフレンチのシェフを志し、ヨーロッパ、東京、広島のフレンチレストランで修業。さらに、14年間営業した店を閉め、2016年からフランスで1年間修業をし、帰国した浅田浩司シェフの店『エピュレ』だ。


落ち着きのある洗練された外観のドアを開けると、白で統一された店内。華美な装飾はなく、清潔感あふれるインテリアは、実直なシェフの人柄を表しているようだ。


前身は、ビストロからはじまった『ル・ココ』だが、ジビエをはじめ、様々な食材や料理のリクエストを聞くうちに、お任せで料理を作るようになり、現在のようなコース料理のみのメニューとなった。そして、安定したクオリティと、お客のリクエストに応え続ける浅田シェフのファンは、どんどん増え続けた。


前店営業中も、年に一度は渡仏し、フランス料理を食べ歩いた。最初はお客として。だが、おいしい料理に出逢うたび、自分も現地で料理をしたくなる。そうして年に一度はフランスへ、食べ歩きの旅をしていた浅田シェフだが、なんと、40代半ばにして、1年間もの休業を決意する。
次ページ :  広島のフレンチと言えば、美食家の間で必ず名前が挙がって…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年6月25日今日の献立

ささ身やキュウリ、ニンジン等、手に入りやすい材料でお財布にも優しい献立です。

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.