NYで人気の「クロフィン」とユニーク な「クロワッサン」の店が、日本上陸間近!?

 



オーストラリアが発祥の地のクロフィンがニューヨークで人気に

クロワッサンの生地をマフィンの型で焼いたパン。縦長になるそのパンは、「クロフィン」と呼ばれている。クロフィンは元々オーストラリアのメルボルンで生まれたが、アメリカではサンフランシスコを本拠とする『ミスター・ホームズ・ベイクハウス』が作り始め、アメリカでの登録商標を取得している。


『ミスター・ホームズ・ベイクハウス』は、オーストラリア人シェフであるライ・ステファン氏と、ビジネスパートナーのアーロン・ティゼマス氏、アーロン・キャデル氏とで立ち上げられた。続いてステファン氏がティゼマス氏と2017年10月、ニューヨークのローワーイーストサイドに新しい店『スーパームーン・ベイクハウス』をオープンし、人気を集めている。今後、ニューヨークでさらに店舗数を増やしていきたい意向だが、現時点での次の出店目標地は“東京”だ!


ステファン氏は14歳のときからメルボルン、パリ、サンフランシスコのレストランで働いてきた。ステファン氏は、クロフィンやちょっと変わったクロワッサンをつくるようになったことについて、「クロワッサンは、誕生してからあまり進化していない。
次ページ :  クロワッサンの生地を使って変わったフォルムで遊んでもいい時…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年9月24日今日の献立

十五夜には、里芋を食べて、お月見を楽しむのはいかがでしょう。

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.