「おいしい料理は永遠不変」という言葉がぴったりなフランス料理店が、外苑前にオープン!

 



20年前の約束を守ったオーナーにシェフが応え、外苑前に隠れ家をオープン

外苑西通りから一本入った路地のさらに奥まった場所に佇むのが、フランス語で「永遠不変」を意味する『l’intemporel(ランタンポレル)』。


古賀崇オーナーが20歳の時、長野県松本市にあるフランス料理店『オー・クリヨー・ド・ヴァン』で内藤和敏シェフと出逢う。「いつか自分の店のシェフになってほしい」と交わした約束を20年経ってやっと果たし、ふたりで「永遠に変わらないおいしい料理とワイン」を提供するこの隠れ家をオープンさせた。


古賀さんは内藤シェフの料理の魅力を「うまいです!」と即答する。人生初のフランス料理が内藤シェフの作った料理だった古賀さん。食べた瞬間、そのおいしさに鳥肌が立つほどの衝撃を受けたという。

「例えばニンジンとか、鯛とか、何を食べたかを食べ手が覚えている、というのが今の時代の中ですごいことだと思います」と続ける。確かに見た目では何だか予想がつかず口に入れても一瞬で消えてしまう料理が昨今のフランス料理の主流だと言えるが、その逆をいく内藤シェフの料理に、古賀さんは20年経った今の料理にもその時と変わらない“おいしさ”が全身をかけ巡るのだと言う。
次ページ :  店内は、薄いグレーを基調にした内装で、カウンタ…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年7月20日今日の献立

土用の丑の日はやっぱりウナギ! 卵とじにしてボリュームアップ。和え物、甘味を添えた、夏バテ予防献立。

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.