厨房設備が「家庭用キッチン」という驚き! おいしく健康的な食習慣を提唱するレストランがオープン

 



『ブルトハウプ』社のキッチンに魅せられて


デービッド・ブーレー氏は、ニューヨークを代表するフレンチの巨匠のひとりだ。そのブーレー氏が2017年11月、フラットアイアン地区に新しいコンセプトのレストラン『Bouley at Home(ブーレー・アット・ホーム)』をオープンした。ユニークなコンセプトの裏には、「お客に健康的な食習慣をもってほしい」というブーレー氏の熱い思いがある。


『ブーレー・アット・ホーム』に入ると、大きなオープンキッチンとカウンターが3つ、目に入る。ドイツの『bulthaup(ブルトハウプ)』社製のこのキッチンが、『ブーレー・アット・ホーム』の原点だ。

ブーレー氏は約20年前、当時『ブルトハウプ』社のショールームがあったビルをよく訪れていた。エレベーターが開くたびにショールームに置かれた美しいキッチンが目に入り、とても惹きつけられたという。ただし、そのキッチンはプロ用ではなく、家庭用キッチンだった。その頃からブーレー氏はいつの日か、『ブルトハウプ』社とビジネスをしたいと考え、それを実現させたレストランが『ブーレー・アット・ホーム』なのである。


家庭用キッチンといっても、そう言われなければわからない極めて洗練されたキッチンだ。
次ページ :  お客は、シェフが調理する姿をカウンター越しに見ることができ…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年4月21日今日の献立

土曜日は一緒にワンタン作りはいかが?手作りは格別の美味しさ。チャーハンとサラダを組み合わせた中華献立。

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.