完売パン続出! 『ブーランジェリーレカン』出身の実力派シェフが本気で作った町の愛されパン屋さん

 



『ブーランジェリーレカン』の元シェフが作った“町のパン屋”

休日の静かなオフィス街の一角に、小さいながら朝から大賑わいの店がある。「あんパン」にしようか、それとも「塩パン」がいいかなと大人も子供も笑顔いっぱいでパンを選んでいる。人気商品は、みるみるうちになくなっていく。


2017年11月、『ブーランジェリーレカン』で活躍していたシェフ・割田健一さんが東京・東日本橋に『BEAVER BREAD(ビーバーブレッド)』というかわいい名前の店をオープンした。

古くから問屋街として知られるこの町は、日曜日には歩く人影もまばらになる。最近になって、メディアにも取り上げられるようなカフェやレストランが続々オープンするようになったが、ベーカリーはなかった。

「では、自分が作ろう」ということで、この界隈を昔からよく知っていた割田さんが『ビーバーブレッド』をオープンした。

告知は店先の張り紙のみで、プレスリリースをはじめとした広報は一切行わず、ひっそりと店を始めた。それでも初日には600人近くが来店。今や、平日や休日に関係なく、朝から晩まで地元の人たちが絶え間なく訪れる人気店となっている。


割田さんは、フランスパンの先駆的存在である『ビゴの店』で十数年ほど修業した後、銀座の老舗『ブーランジェリーレカン』のブーランジェリー部門の立ち上げに携わり、7年間シェフとして活躍。
次ページ :  まさに王道フランスパン職人の道を歩み、数々の逸品を生み出す…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年10月21日今日の献立

週末は韓国風! 簡単に準備出来る具材ののり巻きに、ボリューム満点焼き肉に、さっぱりとしたデザートの献立です。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ