とんかつ界を賑わせた『とんかつ ひなた』が、今度は「極上しゃぶしゃぶ専門店」を出店したと話題

 



2017年1月の開店から1年経たずして『ミシュランガイド東京 2018』のビブグルマンに輝いたとんかつ店『とんかつ ひなた』(高田馬場)から、極上の豚バラ肉を使ったしゃぶしゃぶ専門店が六本木にオープンした。

場所は、大江戸線六本木駅から徒歩3分ほど。『とんかつ ひなた』で一頭買いした宮城県産の“漢方三元豚”を使用し、自慢の肩ロースと豚バラをしゃぶしゃぶで、ランチタイムには生姜焼きとシュウマイで堪能できるというのだ。


店内はカウンター席に加え、半個室のテーブル席もあるので、接待で利用する人も少なくない。清潔感のある温かな雰囲気で女性ひとりでの入りやすさも魅力だ。

今話題のとんかつ屋が仕掛ける究極の「豚しゃぶ」がとろけるうまさ

長らく飲食業にたずさわってきた大将の斎藤和洋さんは、とりわけ和食に精通している。「主役は店」との理由から多くは語らない職人気質なところもあるが、実は気さくなお人柄で、カウンター席で大将とちょっとおしゃべり、なんていうのも『豚しゃぶ ひなた』の醍醐味でもある。


看板豚である漢方三元豚は、もともと「とんかつに合う豚肉」として約20種類の豚肉の中から厳選したものだ。
次ページ :  14種類の薬膳飼料で育てられ、脂は試食した豚肉の中でも特に…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年9月24日今日の献立

十五夜には、里芋を食べて、お月見を楽しむのはいかがでしょう。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.