ファン待望!アメリカから上陸した都内ステーキハウスの名店まとめ3選

 



2017年は、赤身熟成肉の本場、アメリカから『ザガット ニューヨークシティ レストランズ』などで数々の受賞歴を誇る超人気ステーキハウスが初の海外進出として東京に続々と支店を出したことは記憶に新しい。
雰囲気も肉のクオリティも本店さながら!まるで日本にいることを忘れてしまうような極上のステーキタイムを約束してくれる3店をご紹介。

満を持して海外初進出! 肉も雰囲気もニューヨークを完全再現の極上ステーキ店


扉の向こうはもうニューヨーク! 『ベンジャミンステーキハウス』に足を踏み入れると、本場の雰囲気さながらのクラシカルで重厚な店内に心が躍る。


海外初店舗として六本木を選び、アメリカ国内でも2~3%程度しか流通しないといわれる希少肉、USDAプライムビーフのステーキを空輸して、店内の熟成専用庫で本場スタイルのドライエイジングビーフを作るというこだわりよう。赤身とは思えない柔らかさと凝縮されたうまみは、毎日食べても飽きのこないステーキだ。

>>>詳しい記事はこちら

これぞアメリカ、これぞNY! サイズも製法も日本にはない、ザ・ステーキがここに


マンハッタンで富裕層や女性たちに人気を博すステーキ店『エンパイアステーキハウス』が六本木に登場。
次ページ :  店内の熟成庫で21~30日間熟成させたブラックアンガス牛を…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年1月21日今日の献立

居酒屋さんにいるような、楽しい気分になる週末の献立。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.