個性的な空間で楽しむアフタヌーンティー! フードがおいしく、ヘルシーなセットもあると話題

 



ホテルの共同オーナー兼デザインディレクターが内装デザイン

アフタヌーンティーといえばイギリスだが、ニューヨークでもアフタヌーンティーを楽しめるレストランはいくつかある。その中で、特に多くの女性を魅了しているニューフェイスが「コンテンポラリーなアートとデザインの賞賛」をコンセプトとしている「THE WHITBY HOTEL(ザ・ウィットビー・ホテル)」のアフタヌーンティーだ。フードのおいしさと見た目の美しさもさることながら、インテリアが可愛くてユニークと評判を集めている。


「ザ・ウィットビー・ホテル」にティールームがオープンしたのは、2017年2月末。『ザ・オランジェリー』と名付けられたティールームは、昼間は自然光が差し込み、夜はロマンチックなキャンドルが気分を盛り上げる。インテリアデザインを手がけたのは、「ザ・ウィットビー・ホテル」の親会社である『ファームデール・ホテルズ』の共同オーナー兼デザインディレクターのキット・ケンプ氏。英国アートに造詣が深く、著書本も出しているテキスタイル(織物デザイン)、ハウスウエアーズ(生活雑貨)、フレグランス(芳香)のデザイナーである。


大胆な柄と配色がアーティスティックな椅子カバー、ロンドンのテキスタイル会社『クリストファー・ファー・クロス』とコラボした壁紙は、ケンプ氏がデザインした。
次ページ :  天井から吊り下げられているのは、ガラスのシェー…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年9月25日今日の献立

豆腐やコンニャク、野菜をたくさん使った、ボリューム満点でヘルシーな献立です。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.