ラーメンなの? うどんなの? 博多2大名物がミックスされた「第3の麺」がうますぎる大ヒット店

 



文明開化ならぬ、新麺開花!満を持して2017年10月にオープン

「博多で麺と言えば?」と博多っ子に聞くと、「ラーメン」か「うどん」という答えになるはず。むしろこの2つしか選択肢がなかったの?というくらい、答えは大きく2つに分かれるだろう。それくらい、博多っ子にとって、「ラーメン」と「うどん」は切っても切れないソウルフードなのだ。


そんな「ラーメン」と「うどん」。今まで良きライバルとして博多で2大名物の看板を掲げてきたが、ここにきて、第3の麺が誕生した。それが、「ラーメン」と「うどん」を足して2で割ったという、福岡・博多駅前にある『元祖博多うっど〜ん 麺を喰らう』だ。

元祖博多うっど〜んの特徴その1「今までにない新食感の麺!」

その開発に携わったキーパーソンは3人。ラーメン好きなら知らない人はいない名店『博多一幸舎』の創業者で、博多豚骨ラーメンに20年以上携わる吉村幸助さん、うどん職人として20年、地元博多に愛される店作りをしてきた野山泰之さん、そして『博多一幸舎』の麺作りを請け負ってきた、『製麺屋 慶史』の一松竜太さんだ。

この麺のプロ3人がタッグを組み、「うまい・早い・満足・楽しい」をコンセプトにした新しい麺が誕生したのだ。
次ページ :  こちら写真上がその麺である。見た目はきしめん風…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年1月22日今日の献立

旬のカキを使った、カキご飯を中心とした和風の献立です。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.