女性シェフの感性光る「モダンアメリカンキュイジーヌ」店が恵比寿に! ハートフルで独創的な料理が話題

 



2017年3月にオープンしたレストラン『restaurant JULIA(ジュリア)』。茨城県つくば市で『本橋ワイン食堂』を営んでいたオーナーでソムリエの本橋健一郎さんと、女性シェフのnaoさんが、恵比寿に移転し開業したモダンアメリカンキュイジーヌだ。

「アメリカンキュイジーヌ」は1980年代からカリフォルニアを中心に使われ始めた言葉で、従来のアメリカ料理にフレンチやラテンアメリカ、アジアなど他国で使用される食材や調理法を取り入れることで、よりヘルシーで自然に仕上げられた現代風のアメリカ料理のことをいう。


「JULIAへようこそ」とnaoシェフがチャーミングな笑顔で出迎えてくれる。彼女の女性ならではの感性が光るモダンなアメリカンキュイジーヌが楽しめるとあって、早くもグルメな大人たちから注目されている。


各席には予約のお客様の名前を記したナプキンを用意。本橋さんとnaoシェフの、細やかなもてなしの気持ちを感じる。

店内にはこだわりのアンティーク家具がずらりと並び、中央に巨大なテーブルが1つと、12脚のイスがある。この1つの大テーブルをお客様全員で囲んで食事をするというアットホームなスタイルが『JULIA』の特徴だ。
次ページ :  手づかみでいただく「フィンガーフード」からコース料理…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.