これぞ至極の1杯! お茶のロマネコンティが味わえる、日本茶専門「ティーサロン」がオープン

 



日本はサービス精神に富んでいる。その象徴が、食事のあとの緑茶だ。定食屋でも寿司屋でも割烹、料亭でも、最後はお茶でシメる。しかも、フレンチやイタリアンでの食後のコーヒーとは違い、日本茶は無料なのが当たり前。それだけ日本人の生活に馴染んでいるとも言えるが、あまりにも当たり前な存在ゆえに、“あらためて味わう”機会は少ない。

お菓子やドリンクの世界では抹茶フレーバーがこんなにもあふれているのに対し、本家である日本茶の味に関しては無頓着ではないだろうか。


そんなアンバランスを見直す時がきたようだ。2017年9月28日、日本橋浜町に、日本茶に特化したティーハウス『salon de thé PAPIER TIGRE(サロン・ド・テ パピエ ティグル)』がオープンしたからだ。

パリ発プロダクトショップに併設された、日本茶のサロン・ド・テ


「パピエ ティグル」とは、紙を用いたプロダクトのデザイン、制作、販売を行うフランス・パリ生まれのブランド。日本の折り紙を思わせる「紙の虎」がトレードマーク。シンプルなパターンと独特な色使いが、いかにもフランスらしい。


パリ本店に続いて、この秋日本橋浜町に2号目のショップをオープンするにあたり、せっかくなら日本らしいおもてなしを、と、飲食コンサルティング会社『The UGLY CARAVAN(アグリー・キャラバン)』監修のもと、日本茶をテーマにしたサロン・ド・テを併設した。
次ページ :  「お茶はコーヒーと同じぐらい、奥が深い。茶葉農…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年12月11日今日の献立

イカがメインの主菜に野菜と海藻の副菜を添えた、ヘルシーな献立です。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.