天然「アナゴの刺身」がレアすぎる! アナゴひと筋30年のプロが開いた「アナゴ料理専門店」

 



大分県発「アナゴ料理専門店」が新規オープン

東京の下町・浅草のアナゴ料理専門店『あな太郎』の新店が『初代あな太郎』として、2017年6月30日に田端にオープンした。お店を開いたのは、『あな太郎』の創業者である宮良洋成さん。

宮良さんは、もともと大分県で寿司職人として働いていた経歴を持つ。日々たくさんの魚をさばく中で、ある時、大分の名産の一つでもあるアナゴをおろして刺身として食べてみたら、驚くほどおいしかったという。「そのおいしさをお客さんたちにも味あわせてあげたい」と一念発起してアナゴ料理専門店をオープンすることを決めた。


東京でも、アナゴを食す文化はあるが、多くは天ぷらか煮アナゴとして食べるのが一般的。アナゴの刺身というのは、アナゴ好きでも食べたことがない人が多いのではないだろうか。

「アナゴの刺身は、ふぐに似ていてコリコリとした食感をもちながら、ヒラメのえんがわを上品にしたような味わいといえば分かりやすいかな。まぁ、今までに出逢ったことのないような味わいだよ」と宮良さんは評する。

「よくアナゴの刺身はくさいと言われるけど、さばき方によって味わいがぜんぜん違うんだよ。背骨を傷つけないように気を付けてさばけば、本当にうまい。
次ページ :  試行錯誤して色んなさばき方を試してみて、やっとお客さんにも…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年11月22日今日の献立

キノコやレンコンなど旬の食材を使った主菜に、土鍋で炊き上げる炊き込みご飯。秋の味覚をお楽しみください。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.