本物の「パエリア」を東京で! スペイン人もリピートするほど旨いと評判の、都内「パエリア専門店」まとめ

 



米が主食の日本人だからこそ、親しみを持って味わえるスペインの代表料理「パエリア」。実は地方によってもスタイルが違ったり、米だけでなくパスタを使ったパエリアもあるそう。大きな専用鍋でダイナミックに炊き上げ、仲間とワイワイいただくのが楽しいパエリア。その大鍋スタイルの秘密も探りつつ、奥深くて味わい深いパエリアの世界を、都内よりすぐりの専門店で堪能しよう!

1. スペイン・バレンシアに続く2店舗目は、新宿! 世界一の味を堪能したい!


パエリアはなぜ大鍋で提供されるのか? それは、スペインでは米ではなくパンが主食のため、パエリアはあくまでも「おかず」。だから、大きな鍋でみんなで取り分けるスタイルが主流なのだそう。そんな理由を教えてくれた『MIGUEL y JUANI(ミゲル フアニ)』は、パエリア職人世界一に輝いたパコ・ロドリゲス氏がプロデュースする、日本初上陸のお店。


鶏の手羽、ウサギの背肉、エスカルゴ、モロッコインゲン、白インゲン豆などを入れるのがバレンシアの伝統。もんじゃ焼きのようにおこげもすくって食べるのが本場スタイルだ。

>>>詳しい記事はこちら

2. “薪火で炊き上げる”のは日本でも稀! 本場バレンシアスタイルのパエリアを味わってみたい!


虎ノ門『エルトラゴン』もバレンシアのパエリア専門店。
次ページ :  こちらは、日本では珍しい「薪火で炊く手法」がウリだ。 具…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年10月18日今日の献立

チキンカツは粗びき黒コショウをきかせてパンチのある一品に。スープはビタミンが豊富なカボチャを使って。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.