「台湾芋園」から「韓国かき氷」まで!2017年上半期に日本初上陸した「絶品アジアンスイーツ店」まとめ

 



2017年も東京には、台湾&韓国発のスイーツ店がぞくぞくと上陸。大きな盛り上がりをみせるアジアンスイーツは、おいしくてヘルシーなのが人気の秘密。さらに、SNSで目を引くような異国情緒たっぷりのフォトジェニックな見た目が人気を後押し。

今回は、夏に行きたい、2017年上半期に日本初上陸した注目の「アジアンスイーツ店」をまとめて紹介していこう。

1. もっちもちの「芋園」がウマすぎ! 台湾で人気の『MeetFresh 鮮芋仙』が話題!


台湾発のスイーツ専門店『MeetFresh 鮮芋仙(ミートフレッシュ・シェンユイシェン)』の日本1号店が、東京・赤羽にオープンした。『MeetFresh 鮮芋仙』は、中国、韓国、ベトナムなどアジアを中心に500店舗以上展開している人気店だ。


看板メニューは「芋園(イモエン)」「仙草(センソウ)」「豆花(トウファ)」の3つ。台湾から材料を取り寄せ、本場の味を忠実に再現している。一度食べれば、おいしくてヘルシーな台湾スイーツの虜になること間違いなし!

>>>詳しい記事はこちら

2. 世界のセレブに愛されるカラフルドリンク、台湾発「バタフライピー」が初上陸!


本格的な台湾スイーツ・グルメが味わえるカフェ『台湾カフェ Zen(ゼン)』が、東京・表参道にオープン。
次ページ :  大注目のメニューは、台湾の夜市で大人気の「バタフライピー」…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年8月24日今日の献立

ショウガや梅などを味付けにつかうと、口当たりがサッパリします。熱い夏でもご飯が進む献立。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.