「龍の玉子のカルボナーラ」が衝撃のウマさ!伝説の名店『ジャン・ムーラン』出身シェフの新店が早くも話題

 



席に着いた瞬間から「居心地のよさ」を感じるホスピタリティ

大阪・北新地、国道2号線沿い桜橋東交差点近くに、2017年6月1日にオープンした『Ristorante Pinocchio(リストランテ ピノッキオ)』。木目調のカウンター席のみの店内だが、窮屈さは一切感じさせない。


座る人同士のほどよい距離感が計算された席幅や、長く座っていても疲れにくい人間工学に基づいて設計された椅子など、随所に「心地よく過ごしてほしい」という思いが感じられる。


そして席に座ると目に飛び込んでくるのは、『ピノッキオ』の中山裕朗シェフからの直筆メッセージ。温かな心遣いに思わずほっと心が和む。そしてお皿の横に添えられた本日のコース内容も、シェフの手描きによるものだ。

『ジャン・ムーラン』『オテル・ドゥ・ミクニ』『イル・ギオットーネ』で腕を磨く!

こちらで腕をふるう中山シェフは、神戸・北野にあった伝説的なフレンチの名店『ジャン・ムーラン』で料理人の道をスタート。「帝国ホテル 東京」で今は亡き村上信夫氏に出会い、オーセンティックなフランス料理を学ぶ。

その後、フランス料理の魅力に引き込まれて渡仏し、パリの『アルページュ』やリヨンの『トロワグロ』で修業。
次ページ :  帰国後は四谷『オテル・ドゥ・ミクニ』で三國清三シェフの下で…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年8月21日今日の献立

素麺は簡単アレンジで飽きさせない工夫を。小さなおにぎりに、旬のピーマンがたくさん食べれる副菜の組合せ。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.